社員の「ひとこと」Blog

2020.07.15

タツノオシゴト、タツノオトシゴ

水族館の人気者  タツノオトシゴ

英語では 『seahorse』 直訳すると海の馬

確かに馬面ですよね

よく タツノオトシゴはオスが妊娠する なんて言われますが実は違います

タツノオトシゴのオスはお腹に育児嚢(いくじのう)と呼ばれる袋を持っており、メスがその中に産卵するのです

確かに見た目は腹部が膨れて妊娠しているみたいにみえます

オスはその卵を稚魚になるまでその袋の中で保護し孵化させます

そして海藻等にしっぽを巻き付け固定させて、体を震わせながら産出します

そういう意味では出産はオスがします

まさにタツノオシゴト、オスノオシゴトですね(すみません、お仕事ではないですね)

また世界中の動物の中で最も遅いのもタツノオトシゴだとも言われています

背びれと胸びれを一生懸命動かす姿は愛おしいものです

しかし泳ぎは苦手で、 時速は1.5mほど... 100m泳ぐのに約3日かかるとは...

一生懸命なのに進まない。 愛おしいですね

タツノオトシゴはご家庭でも飼育することができるみたいです

結構タフでそこまで難しくないみたいですよ

安産や子孫繁栄のシンボルでもあるタツノオトシゴ

癒されたい方は是非お近くの水族館へ

トラックバック

トラックバックURL: